企業のお客様


研修のフレームワーク(思考の枠組)として、究極のおもてなし、言葉の要らないコミュニケーションともいわれる「茶道」を活用した人材育成プログラム ミッション 組織のメンバーが、茶道の考え方から「おもてなしの本質」「人との向き合い方」を学ぶことを通して、「自分の見つめ方」「相手に応じた関係性の探し方」を知り、コミュニケーション能力を最大限に引き上げ、結果、組織の利益につながる力を持つための土壌をつくる。 受講対象者のイメージ エンドユーザーと最適な関係を築きたい人 ex.「営業」「カスタマーサービス」「接客サービス」などに携わる人 チームのメンバーと最適な関係を築きたい人 ex.「プロデューサー」「ディレクター」などチームを率いる立場にある人 プログラムの構成(目安2.5h) 簡易茶道体験(0.5h) 座学(1.5h)・古来から引き継がれてきた和心を説く言葉を通して、人と和する心の中心にあるものを知る・先人の言葉(聖徳太子や千利休)から、おもてなしの本質を考察する・茶会をモデルにケーススタディ ワークショップ(0.5h)「茶道の中心にある考え方」「おもてなしの本質」から受けた示唆を現場にどう活かせそうか?考えてみる・自身のステートメントを設定・発表・総括 茶道の中心にある考え方 茶道の心得を示す標語「和敬清寂」 和・・・お互いに心を開いて仲良くする 敬・・・お互いに敬い合う 清・・・清らかである(目に見える部分も、心の中も) 寂・・・どんなときにも動じない心 茶会における場の一体感を表す言葉「主客一体」「一座建立」 「亭主」が心を尽くして「客」をもてなす 「客」がそれをしっかり受け止める 「亭主」と「客」がともに空間をつくることで唯一無二の場が生まれる 先人の言葉 先人の言葉には、「人としての在り方」を捉え、核心を突いた名言が多く残されています。 あたりまえのことを実践する難しさと大切さを説くことによって、「おもてなしの本質」を伝えています。 一例「利休七則」 茶は服のよきように点て(一人ひとりに寄り添った気配りを欠かさない) 炭は湯の沸くように置き(事前準備が大切) 花は野にあるように生け(本質を追求する) 夏は涼しく冬暖かに(相手のことを考え工夫する) 刻限は早めに(時間と気持に余裕を持つ) 降らずとも傘の用意(不慮の事態に備える) 相客に心せよ(お互いに尊重し合う) * 括弧内は,、抹茶道の解釈* 「利休七則」に加えて「和敬清寂」「主客一体」「一座建立」や「利休百首」を用いて考察を深めます 茶道体験の風景 他の事例を見る 他のプログラムを見る まずは、お気軽にお問い合わせください 読み込んでいます…

[茶道の考え方・先人の言葉から学ぶワークショップ]おもてなしの本質を捉え、ビジネスに活かす


概要 茶道家 ”藤﨑宗美” 氏が届ける和菓子作りと茶道の世界 茶道には異なる存在が居合わせることで一つの世界を共に創る「一座建立」「和敬清寂」という言葉があります。 頭で考えがちな日常から離れて、心と手体を動かす和菓子作りと茶道を通して、ご自分と仲間と向き合いそのつながりと活かし方を探究する時間を愉しみます。 ご自作出来立ての和菓子は、ルーフトップガーデンに佇む茶室にて、本日の体験を振り返りながら、亭主が点てる薄茶と共にお召し上がりいただきます。 特徴 代表的な日本文化「茶道」「和菓子作り」両方のエッセンスを五感で感じ体験することができます 頭ではなく手心体を動かして、自分、そして仲間と向き合い知り表現することを分かち合います締めくくりは、ご自作の和菓子とともに亭主が点てた薄茶をいただきながら、総括を言葉にし持ち帰ります茶道や和菓子作りが初めての方におすすめです 活用例 企業の研修や海外ゲストのおもてなしプランとしてご活用いただいています。 チームビルディング オフサイトミーティング インセンティブイベント  海外ゲストのおもてなし など   施設 都立大学駅から徒歩1分。ルーフトップに佇む、明るく開放的な茶室にてゆったりと体験いただけます。     詳細 ワークショップの風景   ワークショップのハイライト ありのままのらしさを歓び生かし合う和菓子作りと茶道の世界 ”藤﨑宗美” 氏が、場を持つときに最も大切にしているのは、この日この場だからこそ生まれる感情、表現、言葉です。 「それぞれのらしさをありのままに出せる安心安全の場であること」「その美しさ豊かさを互いに尊重し活かし合うこと」 茶道の根幹にある「和敬清寂」「一期一会」「一座建立」の精神を和菓子作りと茶道を通して探求する中で体感していきます。   ワークショップを締めくくる、自作の和菓子と一服のお茶 ご自身で作られた和菓子は、ルーフトップガーデンにこの日のために特別にしつらえられた茶室にて亭主がお一人おひとりに点てる薄茶の席にてお召し上がりいただきます。五感が研ぎ澄まされたときに出会う豊かな体験の時間をお楽しみください。   ワークショップの流れ(約2時間) 東急東横線「都立大学」駅に集合(スタッフがお迎えにあがります。体験開始10分前までにお集まりください) ご挨拶 「和菓子作り」体験・説明・着色、成形・和菓子に銘をつける 「茶道」体験・亭主のお点前拝見・作った和菓子とともに薄茶を楽しむ・和菓子作りを総括 現地解散 * 上記は目安です。当日の状況によって変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください   催行人数 10~15 名 * 10名未満 / 15名を超える場合は、別途ご相談ください     言語 日本語・英語対応が可能です   料金 人数に応じて、お見積りします   予約 1か月前までにお願いします   お願い 服装 教室では靴を脱いでいただくため、靴下の着用をお願いいたします お茶室は、とても神聖な場となります。露出の少ない洋服でお越しください トップス・・・半袖や長袖 ボトムス・・・膝の隠れるズボンやスカート     アクセスマップ 施設: 〒152-0032 東京都目黒区平町1丁目26−10 ビィフローラ 5F   ファシリテーター・亭主「藤﨑宗美」   「それぞれの私らしさを彩り、その美しさ豊かさを 互いに歓び 生かし合う」をテーマに、ライフコーチ/ビジネスコーチとして、茶道、和菓子作りを活用したパーソナルセッション、ワークショップ、イベントなどを企画運営。 茶道の軸にある「和敬清寂」「一座建立」を体現すべく、国内外に向けて、共に豊かで心地よい場を創り出す活動に注力。今回、抹茶道とのコラボレーションによって特別な茶室で開催する和菓子作りワークショップを実現。 ひばな(hibana to bloom)代表茶道裏千家専任講師マインドフルネスNLP®マスタープラクティショナー   お問い合わせフォーム まずは、下記よりご要望をお聞かせください。内容を確認してこちらからご連絡させていただきます。   読み込んでいます…  

[五感を開いてチームビルディング] 茶道家が届ける和菓子作りと茶道の世界~個を活かし合う~



茶道のエッセンス「一座建立」の精神から強い組織づくりを学び、真のリーダーへのステップアップを目指します ミッション 次世代を担う幹部候補たちを ”真のリーダー” へと導く   コンセプト 世界初のクリエイティブディレクターとも言われる「千利休」の教え「一座建立*」から学ぶ * 主客に一体感が生まれるほど充実した茶会となること。他、能楽などで一座を経営すること     対象イメージ マネージャー候補 / マネージャー / 幹部候補 など 概要 茶道を通してリーダーシップの本質を学ぶプログラムです。下記をテーマに、知性から導く力を身に付け、一座の座長に求められる重要スキルを会得することで、真のリーダーへとステップアップしていくことを目指します   テーマ 概要 1 知性 茶道の学びから知性を高め、確固たる自信に繋げる 2 使命の自覚と行動 リーダーとしての自分を一座の中心「亭主」に置き換え、「あり方」を考え、学ぶ 3 自分を知り協力者の獲得 茶道の根本精神「自分を知り、他を知る」から、組織に不可欠な協力関係の築き方を学ぶ 4 論理と直感のバランス 茶道の合理的、且つ美しい様式から思考ロジックを学び、ワンランク上のリーダーを目指す 5 俯瞰力 一座の要「亭主・半東」の役割から「広い視野で遂行する力」「状況に合わせた対応力」を学ぶ 6 価値観の伝達・浸透 一座の中心「亭主」の務めから、「伝える力」を学ぶ 体験風景の一例 本物を見極める目を育てる   一座の中心「亭主」の役割からリーダーのあり方を学ぶ   「半東」の役割体験から、全体を見ながら推進する力を学ぶ   総括、全員で一座建立を実践 体験者の声   体験事例を見る 他プログラムを見る まずは、お気軽にお問い合わせください

[茶道の精神”一座建立”に学ぶワークショップ]感性を冴え渡らせ、強い組織の在り方を考える


茶道には、ビジネスの要”組織づくり”に必要なエッセンスが詰まっています 茶道を通して、互いを敬い合い、清らかで動じない心でもって、皆で一つの空間をつくり上げる時間を体験いただきます。「和敬清寂」「一座建立」の心が中心にあります。 「茶懐石」「日本酒」と「一服のお茶」を愉しむ体験 本格的なスタイル「茶事」の形で体験をお届けします。お茶のために用意される「茶懐石」「日本酒」を愉しんでいただいた後、心身が最も整ったところで、「一服のお茶」を召し上がっていただきます。 内容(約1.5時間) 席入 亭主のご挨拶 茶懐石弁当と日本酒を愉しむ 薄茶席体験(ハイライト) 「一座建立」の精神から得られること 非日常に身を置き、自分と向き合う 次に、他と向き合う ここから、丁度良い距離感を捉える 一つの空間をつくり上げる愉しさを知る 根底にある「和敬清寂」の精神 和: 全てのことが平和に行くこと、調和が取れていること 敬: 自己を慎み、他人を尊敬すること 清: 物と心が清らかであること 寂: 何事にも動じない心を持つということ 活用例 チームビルディングを目的とした懇親会、研修、ワークショップ マナー研修(美しい居住まい、立ち振る舞い) 日本文化研修(世界に誇れる日本の文化、おもてなしの心)など 活用事例を見る 施設 静寂と伝統美に包まれた非日常の空間 お茶室と能の舞台のみで構成される施設です。二子玉川駅から数分の距離にありながら、一歩中に入ると静寂な空間が広がり、ゆったりと体験いただけます。 能の舞台でお食事 お茶室に隣接している能の舞台にてお食事いただきます。 活用事例 スキンケアメーカー様の二国間交流イベント >>詳細はこちら ご担当者様からのコメント 米系グローバル企業傘下の日本支社にて「北アジア リージョンとして同一グループにある韓国支社との合同イベント」を担当することになり、抹茶道さんにご協力をいただきました。 韓国支社から25名が来日し、日本支社からの10名とあわせて35名と大人数、しかも2日間にわたるイベントということで、かなり工夫が必要でしたので、前後のイベント内容とのバランスから相談にのっていただきました。 抹茶道さんからは、日本的でかつ特別感のあるおもてなしとして「お茶室体験」をご提案いただきました。大人数でしたが、日本・韓国のメンバーを混在させた4つのグループに分けて「昼食」「茶道体験」を効率よく回転させる方法で、コミュニケーションの活性化を図りながらスムーズに実施することができました。 参加者の満足度も非常にたかく、韓国支社からは「英語で説明された茶道の話はとても魅力的だった」「抹茶ブームの根幹を見ることができた」「これまでにない貴重な体験だった」さらに「このような機会を提供してくれた日本支社のメンバーに感謝している」といった高評価のコメントをいただきました。 日本側もイベントを通じて、チーム運営の楽しさと充実感を持てたと思います。その後、韓国支社とは、それまで以上に深い関係を築くことが出来、実際のビジネスでも成果をだしています。 MRM//McCann Japan様の社内交流イベント >>詳細はこちら ご担当者様からのコメント 弊社MRM//McCANNは、グローバルでデジタルマーケティング支援を提供するエージェンシーです。様々なカルチャーバックグラウンドや専門性を有したスタッフが在籍しており、そのようなスタッフ同士がいかに互いを理解し、共創するかが、ビジネス成長においても、働きやすい環境を整えるといった面においても、非常に重要と考えております。そのため、弊社では定期的に「飲み会」を開催し、社内コミュニケーション促進を図っておりましたが、「お酒の飲めないスタッフがいる」「結局いつものメンバーと話して終わってしまう」といった課題があり、新たな方法を模索しておりました。 そんな時、知人から抹茶道を紹介してもらい、「茶道と日本食を愉しむ」コースを体験させていただきました。参加したメンバーからは「改めて日本の魅力を再確認できた」「茶道体験を通じて、自然にメンバーと打ち解けられた」「定期的に開催してほしい」などの声があり、非常に満足度の高いイベントになりました。 今回は、社内のチームビルディングを目的に利用をさせていただきましたが、国籍を超えて人と人の心を瞬時に通わせてくれる茶道の魅力を実感できましたので、今後は、海外からのお客様との親睦といった目的でも活用できればと思っています。 金融系企業様のリーダー向けワークショップ >>詳細はこちら インバウンド支援企業様のサプライズ忘年会 >>詳細はこちら 他プログラムを見る 本プログラムに関するお問い合わせは、下記のフォームからお願いいたします。 読み込んでいます… ✉  info@mat-cha-doh.com

[和の心に触れてみたい!美味しく、愉しく、チームビルディング]”茶懐石”と”一服のお茶”を愉しむ体験



茶道に身を置き、真のリーダーに繋がる道を探す マネージャークラスを対象に3回シリーズのワークショップを開催。茶道の精神「一座建立」に身を置き、テーマ「真のリーダーとは何か?」と向き合っていただきました。 第1回: 茶道の基本と共に「自分と向き合い自分を知ろうとする姿勢」を学ぶ 第2回: 茶会のホストの役割体験から「自分を知った上で他を理解し、関係性を築くこと」を学ぶ第3回: 一座を担う全役割を振り返った上で、 全員で実際に茶席を持ち「一座建立」を体験。総括として、皆で意見交換   お客様のご要望 茶道を通して心の知性を高めながら、真の指導者に必要な資質・心構えを会得して欲しい 自分に対する自信 恐れず行動できる力 お互いを尊重しあえるマインド(礼節、和親)   またそれぞれに、今回のテーマ 「 真のリーダーとは何か? (人を育てるとはどういうことか?)(人が本質的に成長するとはどういうことか?)」と向き合い、将来につながる何かを掴み取って欲しい   成果 皆で「場(一座建立)」を作りあげるための自分のポジションを全うすることの大切さを理解したことにより、仕事という「場」においてもチームで協力、尊重し合うようになった リーダーとの自覚が深まりマネージメント手法に気づきがあったようで、若手スタッフへのスムーズな指導ができるようになった マネージャー層の会社の哲学への理解、結束が深まった。また、マネージャー層の会社へ対する自律的思考も高くなった   参加者のコメント 主客がひとつになって会社という場を作り上げる感覚が必要 我々マネージャーはもちろん、他のスタッフ、新人などにも、それぞれの役割やすべき振る舞いがあり、それを皆が理解し、行動として現してこそ、一座建立に近づける 礼節を持って「正しいこと」を伝え、尊重と弁えを持って互いに臨めば自然と「場」は生まれる。この時、誰しもが「真のリーダー」になっている 対話しやすい環境を作る努力を怠らないこと、対話の場を何度も重ねてしっかりと思いを伝えることが必要 若い人たちが「正しいことと信じたことが、正しいことだと思って進めていける”場”」を生み出していくことが必要 裏方に徹し、さらに、マネージャーとして失敗を受け止める覚悟が重要   ワークショップ風景 プログラム詳細を見る 他事例やプログラムを見る ご希望に応じてプランいたしますので、まずは、お気軽にお問い合わせください。 読み込んでいます…

[事例] デジタルマーケティング支援を展開する企業の「リーダー向けワークショップ」を企画・実施


日本伝統三道(華道、茶道、書道)がテーマ スペシャルプログラムの一端を担う ゲストの滞在をより豊かなものにすることを目指し、「華道・茶道・書道」をテーマとしたスペシャルプログラムを展開。 抹茶道は、都内ホテルにて「野点茶道」の企画・実施に携わらせていただきました。 裏千家若手茶道家の清々しいパフォーマンスと共に和菓子・抹茶をご提供。本格的なしつらえ(京都に居るかのようなスペシャルな空間) に国内外からお越しの多くのゲストが集まり、大変華やかなお茶会となりました。   お客様のご要望 一過性のキャンペーンで終わらず、次につながるプラン実績を作りたい インバウンドブームの盛り上がりに頼るのではなく、地域に根付いた、その土地ならではの体験を提供したい 長く愛してもらえるホテルで在れるよう、一人ひとりに向けたおもてなしを行っていきたい   成果 日本の伝統文化とのコラボレーションによって、日本ならではのスペシャルな体験の提供を実現 茶道(一期一会のおもてなし)を通して、ゲスト一人ひとりと交流   プロジェクトの背景 抹茶道が選ばれた経緯 日本が誇る伝統文化体験プランを提供している ホテルのコンセプト「日本ならではの体験」「心地よい空間」「一人ひとりに合わせたおもてなし」との親和性が高い 裏千家の茶道家をアレンジできる 評価いただいた上記要素を最大限に活かすべく、お客様と議論を重ねた結果、「多くの人が行き交うロビーで行う野点茶道」をご提案。裏千家茶道家と共に、ロビーに秋の野点席を演出しました。その日、その時、そのゲストとしか成立しないお茶会(一期一会のおもてなし)を皆様に愉しんでいただきました。   スタッフの写真   他事例やプログラムを見る ご希望に応じてプランいたしますので、まずは、お気軽にお問い合わせください 読み込んでいます…

[事例] ホテルのブランディングイベント「野点茶道」を企画・実施